スポンサーサイト

2016.07.31 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    長崎のさるき方 その2 軍艦島

    2010.10.20 Wednesday 21:02
    0


      長崎の新観光名所、軍艦島クルーズに参加してきました〜

      JUGEMテーマ:旅行
       


      そもそも軍艦島とは何ぞや?といいますと・・・

      以下詳細を下記のページより引用いたします。
      http://www.gunkanjima-wh.com/hashima.htm


      「軍艦島」は正確には長崎県西彼杵郡高島町端島の俗称です。
      戦艦「土佐」に島影が似ていることから名付けられたといいます。

      場所は、東経129度45分、北緯32度39分に位置し、
      野母半島の北西、長崎港から約18キロの海上にあります。

      大きさは、南北約480m、東西約160m、面積は約6.3ha、
      周囲約1.2km、海抜47.7mという小さな島です。

      1810年頃石炭が発見され、佐賀藩が小規模の採炭を行います。
      明治23年、三菱が島全体と鉱区の権利を買い取り
      本格的海底炭坑として、操業が開始されます。

      島直下及び、周辺の海底から良質の強粘結炭を採掘し、
      主として八幡製鉄所に製鉄用原料炭を供給する島として、
      国家の手厚い保護を受けてきました。 

      明治期には中央の岩盤上に3〜4階建ての木造住宅が数棟あり、
      東部平坦地には作業場、西部平坦地には住宅及び公共施設、
      小中学校(7階建)、共同販売所、映画館、料理屋、娯楽場、病院などがありました。

      それらが林立する姿を大正12年に当時の長崎日日新聞が
      初めて「軍艦島」という呼び名で世に紹介します。

      そして、日本初の鉄筋コンクリート造高層集合住宅である30号棟が
      大正5年に建築され、日本近代建築史上特筆に値する
      重要な文化的遺構であると言われています。 

      しかし、国のエネルギー転換政策の推進に伴い、
      結局1970年の端島沖開発中止により会社は鉱命終了期を発表し、
      1972年に組合側を妥結して、同年12月に採炭を終了、
      1974年1月15日正式に閉山したのです。

      此を受け、同年4月20日をもって野母商船定期便が廃止、
      島民は皆島を去ったのです。

      操業当時は、長崎港から高島を経由して1時間20分の定期船が
      2隻運航していましたが、もちろん今では定期便はありません。

      最盛期には5,200人の人口で当時の東京人口密度の9倍とも言われましたが
      閉山時には人口は2200人でした。



      ぶっちゃけると廃墟の塊のような島で、

      廃墟好きな方々には聖地のような場所です。

      1974年以降無人島となり、

      近年は条例により立ち入り禁止となっていたこの軍艦島ですが、

      2009年の4月より一部の整備された地域のみ

      上陸できるようになりました。



      この軍艦島は天候が悪いと船を接岸できないため、

      年間100日程度しか上陸できないとのこと。

      非常にシビアな成功率ですが、

      長崎を訪れたこの日に運良く上陸することができました!















      長崎港から軍艦島までは船で40分ぐらい。

      途中で女神大橋の下をくぐったり、

      三菱の造船所のでっかいクレーンを見ることができたり、

      湾内をクルージングしているかのように楽しむことができます。





      そして見えてこの島が軍艦島。

      遠くからぱっと見ると岩山のように見えますが・・・









      近づくと廃墟であることがよくわかります。

      このあたりの海はよどんでおらず、

      きれいな青い色をしています。

      空と海の青色と建物の対比がとてもきれいです。







      そしていよいよ上陸。

      悪天候のときはこのドルフィン桟橋が使えないため

      上陸できないらしいです。

      ちなみにここ以外の外周は

      でっかいコンクリートの防波堤で囲まれているため、

      ここが唯一の上陸ポイントらしいです。

      狭いトンネルを抜けてしばらく歩くと・・・







      このような広場に出ます。

      ここから3グループに分かれて順番に島の南側を見てまわります。



      以下にワタシが撮影した廃墟の写真を貼りまくってみます。












































      建物が倒壊する可能性があるため、

      ある程度離れたところからの見学になりますが、

      それでもこの迫力はすごい!

      建物の中は暗く、なんか幽霊でも出てきそうな雰囲気があります。

      一番下の写真は25mプールの跡で、

      まだレーンの白線が残っています。

      当時の人々が暮らしていた状態が伺うことができます。





      このようは廃墟をバックに、

      現地のガイドさんが当時の暮らしぶりを教えてくれます。

      炭鉱で働いた後に体の汚れを海水で落としていたとか。

      本土から電気と水道のラインが引かれていたとか。

      ガイドさんが手に持っている冊子には貴重な当時の写真があり

      とても興味深い内容ばかりでした。



      さて、上陸して廃墟を見まくったわけですが、

      本当にすごいのはここからだったりします。

      帰りの船は島をぐるっと一周するため、

      立ち入り禁止の島の西側を海上から見ることができます。







































      ふぅ。もうお腹いっぱいです(汗)

      これでもかッ!というくらいの廃墟ラッシュでした。

      島の西側からの見た目は本当に軍艦みたいに見えますよね。

      こんな大規模な廃墟群は他では見られないと思います。



      さて、最後にこの島へ訪れるためのプチ情報を。

      この島、無人島となってから30年以上経ちますが、

      その間ずっと雨ざらしになっているため、

      あちこちの建物の痛みが激しくなっています。

      でっかい台風が来たりすると、この建物は倒壊する恐れがあります。

      この廃墟が残っている今のうちに、できるだけ早く訪れることをオススメします。

      あと、月ごとで島の上陸率は大きく異なります。

      7月などはほとんど上陸できなかったとか。

      上陸しやすい月を選ぶことをオススメします。

      ちなみに長崎くんちのある10月は上陸率が非常に高いとのことです。



      世界に類を見ない文化遺産を、ぜひご自分の目で確かめてみてください〜

      ★やまさ海運株式会社
      http://www.gunkan-jima.net/

      ★軍艦島を世界遺産にする会
      http://www.gunkanjima-wh.com/
      category:日記 近況報告 | by:takecomments(3)trackbacks(0) | -

      スポンサーサイト

      2016.07.31 Sunday 21:02
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment
        名所ってなに?
        すっごいなぁ、行ってみたい。
        でもちょっと怖い・・・

        セカンドライフの九龍に似てるような気がしました(笑)
        • ゆうみん
        • 2011/02/08 8:25 PM
        正直一人でこの島に行くのは相当怖いとおもいますよ。
        香港の九龍もこんなかんじだったのかな?
        • take
        • 2011/02/23 10:21 PM








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • ゆうみん流 ポテトサラダの作り方
          ゆうみん
        • 2009台南塩水蜂炮を見てきた まとめページ
          take
        • 2009台南塩水蜂炮を見てきた まとめページ
          クロチャン
        • 背の低い セイタカアワダチソウ?
          あいぽん
        • 元祖がっつり亭 @ 奈良県天理市
          take
        • 長崎のさるき方 その2 軍艦島
          take
        • AWASE 〜あわせ〜 @ WAKON 京都清水店
          take
        • 長崎のさるき方 その4 うまいものめぐり後編
          take
        • 元祖がっつり亭 @ 奈良県天理市
          ゆうみん
        • 長崎のさるき方 その2 軍艦島
          ゆうみん
        Recent trackback
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM